どこでもシッターとは?

お世話になります。

どこでもシッターの磯谷です。

この度はサイトをご連絡いただきありがとうございます。

こちらでは当サービスが掲げる

ビジョン・ミッション・サマリーや、

なぜ私がシッターサービスを始めたのか?

といった背景についてご紹介させていただきます。

皆様のお役に立てれば幸いです。

ビジョン・ミッション・サマリー

〈ビジョン〉

シッターサービスを介し、

世界中で安心できる育児環境を創出する

〈ミッション〉

・お子様の夢の実現を応援する

・お子様が笑顔溢れる体験を提供する

・お子様の精神的向上、肉体的向上ができる場を提供する

・お子様に今までに経験をしたことがない新しい環境を提供する

〈サマリー〉

どこでもシッターはシンガポール国内で育児に奮闘されるご家庭のご支援をさせていただきます。

シンガポール国内であれば、日時問わず指定の場所にお伺いし、大切なお子様に思い出に残るような楽しい時間を提供致します。

運動会や資格試験、急な出張など様々な状況でも、安心してお子様をお預けできるような環境をご提供致します。

また、幼少期の経験が将来の性格や言動を左右する大切な時期でもあります。そのような時期に一緒に過ごさせていただくという重大さに責任を持ち、楽しく、そして、成長できる関係をシッターというサービスを通して築いて行きたいと思っております。

どこでもシッターはシンガポールでも日本と変わらない、あるいは日本以上の育児に繋がる環境のご支援をさせていただきます。

なぜシンガポールでシッターサービスを始めようと思ったのか?

〈なぜシンガポールでシッターサービスをはじめたのか?〉

どこでもシッターサービスをより知っていただくために、私、磯谷の生い立ちからきっけけなどを少し書かせていただきたいと思います。

しばしお付き合いください。

〈生い立ち〉

私は出身は岐阜県関市という山と川に恵まれた環境で長男として産まれました。

兄弟は1つ下の妹と、私が小学6年生の時に産まれた弟がいます。

弟とは12歳差でひと回り違うということもあり、とても可愛く、学校の先生に「今年一番嬉しかったことは?」と聞かれた時に「弟が産まれたことです!」と伝えたほどでした。

弟が赤ちゃんの時には、おしめを変えたり、入浴のお手伝いをしたりした思い出があります。

また、小学校高学年になってもキャッチボールやお相撲など、一緒に遊んでいた思い出がとても多くあります。

妹もいたので、私も一緒に家族ごっこや、人形遊びをしたりと小学校でも評判の中の良い兄弟というという話を両親から聞いたこともあり、兄弟喧嘩もあまりなく育ってきました。

妹と弟がいたことで、親戚や両親の会社の集まりでも、男の子、女の子関係なく、他の子供たちと遊ぶことができていました。

このような幼少期の経験から、今のような年齢になっても、お子様が可愛く思え、お友達のように一緒に楽しく遊べるのではないかなと思っています。

大学生の頃にはサーティーワンアイスクリームと塾講師のアルバイトを掛け持ちしており、塾講師のアルバイトでは小学生から高校生まで担当させていただき、お子様に勉強を教える難しさと、問題が解けるようになった時の嬉しさを学ぶことができました。その結果からか、生徒から好かれているという理由で岐阜地区のMPVをいただいたこともあり、お子様と接することに自信がついたということも大きなきっかけです。

〈シンガポーポール移住〉

2019年4月からシンガポールに過ごすようになり、多くの日本人の方々と触れ合いをさせていただきました。その中で、お子様をお持ちの方から「まだきたばかりで、何かあった時に頼れる人がいないのが不安です。」というお話を何回かお聞きしたことがあります。

日本であれば、何かあった際には、おじいちゃん、おばあちゃん、ご兄弟にお子様をお付けることはできると思いますが、来星されたばかり方や、急な対応でお子様をお預けする先がなかなか見つからない方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

その時に、子供と遊ぶのが好きなこともあり、お役に立てるのではないか?と思ったのが、このサービスのきっかけになりました。

シンガポールにもすでにシッターサービスはございましたが、男性で遊び相手になってくるシッターというのは珍しいこともあり、嬉しいことに多くの方にご好評をいただいております。

お子様からも「いそちゃん」と言ったあだ名で読んでいただけるような、少し大きな友達として接させていただいていることにも大変感謝

また、何かあった時にすぐに駆けつけることができるように、いつでも、どこでも訪問できる形のシッターサービスをしようということで「どこでも」シッターという名前にさせていただきました。

これらが、私がシンガポールでシッターサービスを始めた経緯となります。

〈最後に〉

まだまだシンガポールにきたばかりですが、同じように来星された日本人の方のお役に立てるように、今後も多くの経験、ご意見を取り入れ、どこでもシッターサービスをより良いものにさせていただきます。

少しでも皆様が安心して、シッターサービスの活用に繋がればと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

どこでもシッター

磯谷 俊行