3月13日 サッカー教室

2021年 3月13日 土曜日

今回は「シッターの途中でサッカー教室に子供を送っていって欲しいのですが可能ですか?」

とのご連絡をいただきました。

本日、シッターをさせていただいたのは7歳の活発な男の子です。

コンドミニアムのご自宅にお伺いさせていただき、お子様とご対面させていただきました。

「こんにちは!」とハキハキした挨拶と笑顔でいつも癒されております。

7歳頃ですと、小学校に通いだし、社会性が育まれる時期で、体も大きくなり、様々なことがチャレンジできる年齢です。

「今日はサッカー教室まで何して遊ぶ?」と早速遊ぶ気まんまんのお子様。

「天気が良いから外で遊ぼうよ!」と近くのプレグラに向かい、サッカーや、キャッチボールで遊ばせていただきました。

サッカーが大好きなお子様で「将来はプロになるために沢山練習するんだ!」

とパスやシュート練習に励んでおられました。

とても熱意を感じ、シッターとしても大きくなったお子様の様子が大変楽しみです。

早くも時間がすぎ、サッカー教室に向かう時間になりましたので、

お着替えとボール、水筒など荷物を準備してバスと電車をのりついで向かいました。

向かっている途中も好きな選手やチームの話を楽しそうに話してくれるお子様を見て、昔、私がバスケットボールに夢中になっていた時期を思い出しました。

お子様と一緒にサッカー教室に着き、私は保護者様が集まる見学席からサッカーの練習を見守らせていただきました。

どのお子様もとても楽しそうに、ボールを追いかけています。

サーキットブレイカー中は自由に外に出ることもできなかった中、お子様のストレスや負担も大きかったと思います。

外で自由に遊べることの大切さを見学しながら考えさせていただきました。

サッカー教室が終わると、「いそちゃーん!終わったー!」と元気に駆けつけてくるお子様に疲れて毎回微笑ましい気持ちになります。

全く疲れた様子もなく、教室で練習したことやできるようになったことを教えていただきながら、ご自宅へ向かいます。

帰宅すると「ただいまー!お腹すいた!」と最後まで活発なお子様でした。

奥様に本日の様子をお伝えさせていただくと、「今日は私も旦那も動くことができなかったので、送迎をしていただいてとても助かりました。またお願いします。」とお言葉をいただきました。

この度も大変楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

見守るだけのシッターではなく、一緒に遊び、友達になれる関係を目指したいと思っております。

シンガポール国内で、いつでもどこでも対応させていただく、

どこでもシッターを今後ともよろしくお願いいたします。

また一緒に楽しく遊ばせていただけることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です